PASCALデバイスによるMR治療開始

器質性僧帽弁閉鎖不全症の患者さんに対しての新しい治療オプションが加わりました!

当院における経カテーテル的弁膜症治療の一つの選択肢としてPASCAL precision systemを用いた経皮的僧帽弁形成術を開始しました。
引き続き安全・安心の治療を届けられるよう、SHDハートチーム一丸となって精進して参ります!

関連記事

  1. 【ブログ更新】佐々木先生 助成金獲得の報告

  2. 6月9日開催のレジナビフェア(研修医向け)のご案内

  3. 拡張型人工弁 Sapien 3 Ultra RESILIAの…

  4. 2021年オンライン医局説明会開催のお知らせを公開

  5. TAVI術者教育プログラムを開始します

  6. TOPICSに「コトバ医療」を掲載しました。