聖マリアンナ医科大学 循環器内科 

〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生 2-16-1

大きく 標準

診療・検査のご案内

肺高血圧症

肺高血圧症図 循環器内科では毎週木曜日の午後に「肺高血圧外来」を行っています。肺高血圧症は、心臓から肺へ血液を送る肺動脈に何らかの原因で異常が起こり、心臓に負担がかかり、段々正常に機能しなくなる病気です。このため息切れや疲れやすさなど様々な症状が出現します。

約15年前までは、臓器移植以外によい治療法がなかったのですが、最近では、いろいろな薬が開発され、薬だけの治療でも肺動脈圧を低下させることが可能となり治療成績が飛躍的に向上しました。特に早期に肺高血圧を診断し、早期に治療を開始すると病状の進行を遅らせ、予後を改善させることがわかるようになりました。しかし、肺高血圧を早期に診断することは容易ではありません。当外来では心エコー検査や運動負荷検査、胸部CT、MRI、心臓カテーテル検査などを駆使して早期診断に努めていきます。

スタッフ
肺高血圧診療グループ
我々は、当院リウマチ・膠原病・アレルギー内科と密に連携し、膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧診療を中心に診療を行っています。この病気と共に生活される患者さん、またそのご家族が抱える疑問や問題に少しでもお答えできるように診療をすすめていきます。どうぞよろしくお願いします。

専門外来

肺高血圧外来(木曜日午後 担当医師:鈴木 健吾 准教授)

初診の患者様は随時初診外来にて受け付けております。

外来担当表

循環器内科 外来担当表

こちらからご確認ください。