聖マリアンナ医科大学 循環器内科 

〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生 2-16-1

大きく 標準

診療・検査のご案内

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

虚血性心疾患とは?

心臓の筋肉は左側2本(左冠動脈:前下行枝、回旋枝)右側1本(右冠動脈)の動脈によって酸素供給を受けています。
虚血性心疾患とは高血圧、脂質異常(高脂血症)、糖尿病、喫煙等により冠動脈の動脈硬化が進行した結果冠動脈の狭小化や閉塞が生じ、その結果心筋細胞が壊死してしまう状態です。
年間約25万人が急性心筋梗塞を発症し少なくとも14%以上が病院外で主に致死的不整脈にて心肺停止状態となる非常に危険な疾患です。心筋梗塞の治療は時間との勝負であり、可能な限り早期に再灌流療法を行うことでその後の生命予後が大きく異なります。

代表的な疾患の診断・治療

狭心症や心筋梗塞を診断する代表的な検査は以下の通りです。

トレッドミル負荷心電図検査

ベルトコンベアーの上で運動を行っている間、心電図変化を注意深く監視する検査です。心電図変化や胸痛等の症状の出現の有無等により狭心症の可能性を評価します。

心臓核医学検査

放射性物質(半日程度で消失するもので、身体への影響はありません)を注射し、心臓に血液が十分に循環されているかどうか、あるいは心筋の障害の程度を調べる検査です。

心エコー(心臓超音波)検査

心臓の構造、機能等を観察する検査です。

ホルター心電図検査

24時間心電図を装着し、装着中の不整脈の有無や心電図変化を観察します。

冠動脈CT検査

冠動脈CT検査 主に冠動脈狭窄の評価目的で行われます。動脈硬化性変化(特に石灰化)が強い場合やステント治療後の部位は狭窄の評価が困難な場合があります。

心臓カテーテル検査(冠動脈造影検査)

虚血性心疾患の最終的な診断をする時に行う検査です。足の動脈(大腿動脈)や腕の動脈(橈骨動脈、上腕動脈)に局所麻酔を行い、細い管(カテーテル)を挿入し、冠動脈に造影剤を注入して冠動脈の狭くなっている病変や閉塞部位を直接判断するための大切な検査です。

PCI(経皮的冠動脈形成術)

冠動脈の狭窄部位の血流評価方法として、狭窄部位の前後の圧力を測定することにより狭窄の血流への影響の程度を評価する、FFR(冠血流予備量比)(上記)も行っています。

経皮的冠動脈形成術(PCI)

PCI(経皮的冠動脈形成術)

PCI(経皮的冠動脈形成術)

狭心症や心筋梗塞の治療法には、薬物療法や冠動脈バイパス術、そして、PCIという方法があります。 症状が重くなると、薬物療法(内服治療)だけでは対応できなくなります。薬物療法は心臓の効率を高めて、胸の痛みなどを軽くするのには役立ちますが、狭くなったり閉塞した血管そのものを改善することができないからです。
近年は、カテーテルの技術や器具の発達によりPCIの適応が広がっています。 治療法としては、バルーン(風船)拡張やステント(金属製の筒)留置があります。バルーン治療の場合は再狭窄の頻度が高いことから、血管の太さや長さ、血管が栄養している組織の範囲等を総合的に判断し、ステント治療を主体として治療を行っています。 高度石灰化病変に対しては、ロータブレーターという機器(先端にダイヤモンドをちりばめた高速回転ドリル)を用いて、石灰化病変を削る治療も行っています。

当院での診療実績

全身の管理を行い、様々な内科疾患に合併した心血管病変を熟知し適切に対応することを心掛けて診療しております。下記に当院での治療件数を示します。

PCI(経皮的冠動脈形成術)

専門外来

冠動脈疾患外来(火曜日午後 担当医師:田邊 康宏 講師)

心筋梗塞外来 (月曜日午後 担当医師:石橋 祐記 講師)

血管外来   (水曜日午後 担当医師:茶谷 健一 講師)

初診の患者様は随時初診外来にて受け付けています。
冠動脈治療チーフ:田邊 康宏