聖マリアンナ医科大学 循環器内科 

〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生 2-16-1

大きく 標準

診療・検査のご案内

心不全

HF team 2016 spring
診療はハートセンター病棟、外来と検査室に分かれます。全ての部署で心疾患を幅広くとらえ、最良の治療法を皆で探索し、より良い結果に結びつけるように日夜努力しています。
薬物治療だけではなく、心臓リハビリテーションやデバイス治療など非薬物療法も積極的に取り組んでいます。
再入院を予防し、より良い生活を送れるようにきめ細やかな治療を目指しています。
また、心移植の適応する重症心不全症例に対しては、関東を中心とした心移植施設にスムーズな対応でご紹介いたします。
2009年6月に心不全チームを設立して、循環器内科・心臓血管外科・小児科・精神科医師、病棟・外来看護師、薬剤師、臨床工学技士、臨床心理士、管理栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカーによる多業種参加型のカンファレンスを隔週月曜日の昼に開催し、再入院を繰り返す難治性心不全症例、心不全以外に社会的問題の多い高齢者心不全症例を中心に症例検討を行っています。心不全チームによる心不全入院ガイドを作成し、心不全患者・家族向けの心不全教育を行い、再入院予防に努めています。 また、入院中の患者・家族に対して心不全教室を行い、心不全に関する理解を深めてもらう場を設けています。

心不全教育セミナー

2015年度より、心不全チームによる病診・地域連携をコンセプトとした心不全の勉強会を企画しました。
心不全に関わる多職種の相互理解、交流を目的として、毎回テーマを設定して隔月で開催します。
当院での心不全チームの活動報告、共通認識の再確認、日頃の疑問を解決できる場にしようと考えています。

開催状況

  • 第1回2015年5月1日(金)心不全のチーム医療
    医師 木田圭亮 先生(聖マリアンナ医科大学 循環器内科)
  • 第2回2015年6月5日(金)心不全の緩和ケア
    医師 大石醒悟 先生(姫路循環器病センター 循環器内科)
  • 第3回2015年8月7日(金)心不全のリハビリ
    理学療法士 井澤和大 先生(神戸大学 大学院保健学研究科)
  • 第4回2015年9月11日(金)心不全の病診連携
    医師 弓野 大 先生(ゆみのハートクリニック 院長)
  • 第5回2015年11月13日(金)心不全の薬物療法
    医師 渡邉雅孝 先生(東京医科大学 循環器内科)
  • 第6回2016年1月27日(金)心不全の栄養管理
    管理栄養士 宮島 功 先生(近森病院 管理栄養部)
  • 第7回2016年3月11日(金)心不全の呼吸管理
    医師 西畑庸介 先生(聖路加国際病院 循環器内科)
  • 第8回2016年5月13日(金)心不全と息切れ
    医師 大西勝也 先生(大西内科ハートクリニック)
  • 第9回2016年7月1日(金)心不全とやせ
    理学療法士 神谷健太郎 先生(北里大学病院 リハビリテーション部
  • 第10回2016年9月 日(金)心不全と浮腫
    医師 奥村貴裕 先生(名古屋大学 循環器内科)
  • 第11回2016年11月  日(金)心不全と動悸
    医師 深谷英平 先生(北里大学 循環器内科
  • 第12回2017年1月13日(金)心不全と胸痛
    医師 水野篤 先生(聖路加国際病院 循環器内科)
  • 第13回2017年5月19日(金)心不全の在宅管理
    看護師 村木泰子 先生(日本看護業務研究会 在宅看護担当)
    SW   斉藤慶子 先生(ゆみのハートクリニック 在宅療養支援室)
開催予定
  • 第14回2017年11月17日(金)心不全におけるPM治療や遠隔モニタリングについて
    医師 鈴木 誠 先生(横浜南共済病院 循環器内科)

専門外来

心筋症外来
(木曜日午後 担当医師:鈴木 健吾 准教授、黄 世捷 助教)
(金曜日午後 担当医師:木田 圭亮 講師)

拡張型心筋症・肥大型心筋症など、心筋症を中心とした難治性心不全の専門外来です。

外来担当表

循環器内科 外来担当表

こちらからご確認ください。